日本初のLINE WORKS連携安否確認サービス

「安否確認bot for LINE WORKS」

気象庁の災害情報を元にした正確かつスピーディな安否確認ソリューション!
災害を想定した訓練から災害時の復旧プラン共有までフルサポート!
LINE WORKSでも個人LINEでも安否確認を受け取れる唯一のソリューション!

お問い合わせはこちら

安否確認bot for LINE WORKSとは?

「安否確認bot for LINE WORKS」とは、日本初のLINE WORKSを使った安否確認サービスです。

スマートフォンが普及したことで、社員間で緊急時にスマホで簡単に安否確認ができるニーズが高まってきています。
しかし一方で、災害時に電話はつながりにくく、スピーディーにな社員の安否確認が困難になっています。

「安否確認bot for LINE WORKS」はLINE WORKSのサービスとbotを利用することで、災害時でもデータ通信で安定した環境のもと、自動的に全社員の安否確認を行うことが可能になりました。
また災害に対するBCP(事業継続計画)や行動指示も掲示板で共有可能です。
さらに、災害を想定した訓練も無制限にご利用いただくことができるので、災害にしっかり備えられます。

「安否確認bot for LINE WORKS」機能一覧

気象庁連携自動配信

気象庁の送信する災害データをリアルタイムに受信するシステムを構築。
これにより、リアルタイムな安否確認配信を実現しております。

LINE WORKSの組織・従業員を自動同期

LINE WORKSに登録している組織情報と従業員情報を自動的に同期します。
そのため組織と従業員の管理の手間が大幅に軽減されます。

従業員はbotに回答

気象庁のデータを受け取ると、botが自動的に対象エリアの従業員に対して安否確認を配信。
従業員はbotの質問にタップするだけで回答できます。

安否確認は地震と津波に対応

安否確認は、地震と津波に対応。
地震は震度ごとに配信するかどうかを選択することができます。(震度6以上、震度5強、震度5弱、震度4、震度4以下)
またそれぞれテンプレートメッセージを設定していただくことが可能です。

部署毎でもリアルタイムに集計

安否確認の回答結果は、全社でも部署毎にでもリアルタイムに集計。ダッシュボードですぐにご確認いただくことが可能です。

回答状況を1問毎に確認

安否確認で行なった各設問の回答状況のサマリーと回答者一覧をご確認いただけます。
これにより至急対応しなければならない従業員も一目瞭然。

回答結果はCSVでダウンロード

回答結果をCSVでダウンロードしていただけますので、社内での報告や改善に向けた取り組みをご決定される際にご活用いただけます。

安否確認の質問も自由に作成

安否確認時に配信する質問項目は、最大10問まで設定していただくことが可能です。
選択式と記述式で作成していただくことができるので、御社BCPに合った設計が可能です。

最新の警報にも対応

警報が発令された際にも、対象エリアの従業員に対してbotが通知し安全を呼びかけます。
2018年に多く発令された洪水警報や大雨特別警報にも対応。今後新たな警報が発令された際も随時対応いたします。

スマホから回答状況を確認

安否確認bot for LINE WORKSの管理者は、botの通知から直接回答を確認できます。
会社にいなくても迅速にスマホからご確認いただくことができます。

LINE WORKS IDでログイン

LINE WORKS IDでログインしていただくことができるので、安否確認bot for LINE WORKS用にID・パスワードを管理していただく必要がございません。

集計結果自動通知

安否確認bot for LINE WORKSの管理者には、botが自動的に回答状況を集計して通知してくれます。
回数や頻度はご自由にご設定いただけます。

LINE WORKS以外の従業員にも配信

LINE WORKSの利用を承認していない従業員に対しても、メールで従業員登録することで、安否確認を行うことが可能です。
その場合、メールにて安否回答用URLが送信されるので、そこから回答していただきます。
ガラケーしか保有していない従業員がいた場合も上記機能で対処可能です。

リマインド配信

安否確認botに回答がない場合、botが自動的に回答を促すリマインドを行います。
リマインドする頻度や回数は自由にゴセっていただくことができます。

管理者/組織長権限

配信から設定まで自由に行うことができる管理者権限に加え、自組織の安否結果を確認することができる組織長という権限を用意。
管理者と組織長の人数制限はありません。
管理権限や組織長権限の発行は全てbotが行ってくれます。

住所登録

勤務先以外にも、自宅や常駐先、出張先といった住所を、従業員ごとに最大10件登録していただけます。
これによりいつでもどこでも安否確認を行うことが可能になります。

簡易生存確認

震度5弱以上の地震に対しては、簡易生存確認というワンタップで生存を報告でいる機能をご利用いただくことが可能です。

個人LINEでも安否確認を受け取れる

LINE WORKSを利用していない従業員の方は、個人LINEで安否確認bot for LINE WORKSを受け取ることが可能です。

ご利用料金

ご利用人数 月額費用(LINE WORKS利用料別)
1ID 200円/月
初期費用 無料
1ID 200円/月

サービス紹介資料

Slideshareにて安否確認bot for LINE WORKSの資料を公開中です。

Slideshareで資料を見る

お問い合わせフォーム

「安否確認bot for LINE WORKS」に関するお問い合わせの際は、下記必要情報をご記入いただいた上で「送信」ボタンをお押しください。
数時間以内に担当者からご連絡をさせていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信