日本初のLINE WORKS連携安否確認サービス

「安否確認bot for LINE WORKS」

気象庁の災害情報を元にした正確かつスピーディな安否確認ソリューション!
災害を想定した訓練から災害時の復旧プラン共有までフルサポート!

お問い合わせはこちら

安否確認bot for LINE WORKSとは?

「安否確認bot for LINE WORKS」とは、日本初のLINE WORKSを使った安否確認サービスです。

スマートフォンが普及したことで、社員間で緊急時にスマホで簡単に安否確認ができるニーズが高まってきています。
しかし一方で、災害時に電話はつながりにくく、スピーディーにな社員の安否確認が困難になっています。

「安否確認bot for LINE WORKS」はLINE WORKSのサービスとbotを利用することで、災害時でもデータ通信で安定した環境のもと、自動的に全社員の安否確認を行うことが可能になりました。
また災害に対するBCP(事業継続計画)や行動指示も掲示板で共有可能です。
さらに、災害を想定した訓練も無制限にご利用いただくことができるので、災害にしっかり備えられます。

「安否確認bot for LINE WORKS」でできること

安否確認自動配信

気象庁の災害データを感知すると、対象エリアの社員に対して、botが自動的に安否確認メッセージをLINE WORKSで送信します。

botの質問にボタンで回答するだけなので、緊急時でもスピーディーに回答できるので、回答率が高まります。

LINE WORKSの従業員データを同期

LINE WORKSに登録された従業員情報を自動的に同期するので、従業員管理の手間がかかりません。

気象庁と連携

気象庁の災害データをリアルタイムに受信しています。
これにより、タイムリーな安否確認を実現しております。

リアルタイム集計

安否確認の回答状況をリアルタイムに集計しているので、的確な対応が可能になります。
またLINE WORKSアプリからも管理画面にアクセスできるので、深夜の災害でもスピーディに確認ができます。

災害に合わせて最適配信

地震は震度に応じて、津波は発生に応じて安否確認メッセージを配信可能です。
また安否確認メッセージは震度別に編集/保存することができるので、安否確認と同時に指示を送ることも可能です。

災害訓練も無制限

災害時に備えて安否確認の訓練を行うことができます。組織や地域ごとに配信することができるので、細やかな訓練を行うことが可能です。

LINE WORKS以外の従業員にも配信

LINE WORKSの利用を承認していない従業員に対しても、メールで従業員登録することで、安否確認を行うことが可能です。
その場合、メールにて安否回答用URLが送信されるので、そこから回答していただきます。
ガラケーしか保有していない従業員がいた場合も上記機能で対処可能です。

リマインド配信

安否確認botに回答がない場合、botが自動的に回答を促すリマインドを行います。
リマインドする頻度や回数は自由にゴセっていただくことができます。

管理者/組織長権限

配信から設定まで自由に行うことができる管理者権限に加え、自組織の安否結果を確認することができる組織長という権限をよういしております。

ご利用料金

ご利用人数 月額費用(LINE WORKS利用料別)
1ID 200円/月
1ID 200円/月

サービス紹介資料

Slideshareにて安否確認bot for LINE WORKSの資料を公開中です。

Slideshareで資料を見る

お問い合わせフォーム

「安否確認bot for LINE WORKS」に関するお問い合わせの際は、下記必要情報をご記入いただいた上で「送信」ボタンをお押しください。
数時間以内に担当者からご連絡をさせていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信